MATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/w(ヴォイスギャラリー)

 ◎企画展会期中の開廊時間 11〜19時
 ◎定休日         日曜・月曜
 ◎その他の休廊      展示入れ替えのため、1〜4週間休廊する場合がございます。
 ◎所在地         〒600-8061京都市下京区富小路通高辻上ル(仏光寺通下ル)筋屋町147-1
              tel.075-341-0222 fax.075-341-0188
 ◎お問い合わせフォーム

詳しくはこちらへ / 終了した展覧会(2016年)についてはこちらへ

2017年

 ■1月中は、19日(木)・20日(金)・21日(土)および26日(木)・27日(金)・28日(土)の6日間、関係作家の「再展示・予告展示」
 ■02月11日(土)〜25日(土)小谷真輔個展" happening "(絵画)
 ■03月04日(土)〜25日(土)呉夏枝個展「grandmother island〜仮想の島〜」(インスタレーション)
 ■04月04日(火)〜15日(土)横井ゆうこ展(漆その他による平面)*展示室A
               西村勇人写真展 " Common" 特別協賛 KG+ *展示室B
 ■特別展:5月18日(木)・19日(金)・20日(土)遺跡土の茶碗(松井利夫)/海景の屏風(牧野和馬)
 ■05月30日(火)〜06月10日(土)大友一世個展(絵画)*展示室A / a3 project selection *展示室B
 ■06月16日(金)〜24日(土)芸術と考古学「夏休みの遺跡」 プレ展
 ■06月25日(日)〜09月4日(月)まで休廊しています。
  休廊中の夏期特別活動は、次のとおりです。
  07月28日(金)・29日(土)"RED ROOM #1"(於:YCC ヨコハマ創造年センター) *一部協力
  08月25日(金)〜31日(木)芸術と考古学 " time.timer,timest 夏休みの遺跡 "
                                      (於:滋賀県米原市杉沢遺跡)*コーディネイション担当
        
*各展示について、会期が前後したり内容が変更する場合がありますので、各会期が近づきましたら、あらためてお確かめくださいますようお願いいたします。

批評誌「有毒女子通信」(吉岡洋編集)を<不定期>に発行しています。
■最新号=第17号「特集:アートをなめるマッチョ」(¥250)発行しました!!
■購読ご希望の方は、メールの件名「有毒女子通信」でお申し込みください。送料をご参照ください。
■バックナンバーの特集名は以下のとおりです。
 ・第06号「女の平和」(2011年10月発行)¥200
 ・第07号「女子と酒」(2011年11月発行)¥200
 ・第11号「少女たちの行方」(2013年7月発行)¥250
 ・第12号「食べないこと、とか」(2013年12月発行)¥250
 ・第13号「秘密なんて、ない」(2014年3月発行)¥250
 ・第14号「まだ間にあう、<同性愛>」(2014年8月発行)¥250
 ・第15号「化ける自由」(2015年1月発行)¥250
 ・第16号「特集:美少女を捕獲する」¥250