2022年 展覧会・イベントスケジュール・プロジェクト
*展覧会  

〈態度と実践~フィリピンの独立系アーティストたち~ 〉
Louie Cordero ルイ・コルデロ
Ling Quisumbing リン・キサンビン
Mariano Ching マリアノ・チン
MM Yu エムエム・ユ
Yasmin Sison ヤスミン・シゾン
Hitoshi Kanamura 金村仁

2022年11月18日(金)〜12月4日(日)
*会期中の水〜日曜:13〜19時、最終日のみ13〜17時
*月・火曜休み
国際アートフェアArt Collaboration Kyotoの連携プログラムとして、フィリピンの現代美術をご紹介する展覧会です。
出展作家は、フィリピン国内、アジア各国、アメリカで作品や活動がよく知られるアーティストたちです。
各々にアーティストとして社会に向き合いながら、コマーシャルギャラリーと連携しながら、個人作家として独立し、活動しています。
出展者のひとりマリアノ・チンは、2002〜2004年に京都市立芸術大学に留学し木版画を学びました。
当時からの交流を深め、自らもマニラでの個展を開催した金村仁は、当ギャラリーと出展作家を唯一つないでくれた日本の作家です。

以下の特別イベントは終了しました
*11月17日(木)19時〜20時30分 オープニングトーク
              ・登壇者=マリアノ・チン、ヤスミン・シゾン、金村仁(出展作家)
                   コーキ・リー(アーティスト/フリーランスキュレター)
              ・逐次通訳=山口恵子
              ・司 会=松尾惠 
        21時〜23時 パーティー
会 場=UrBANGUILD アバンギルド
入場料=1ドリンク付¥1,000
    トーク、パーティーとも/予約不要/途中入場可 *どなた様もお気軽においでください。
トーク内容=アーティスト・ラン・スペースSrrounded by Waterの運営から現在に至るマリアノ・チン氏世代の活動紹
      介。
      コーキ・リー氏から見る新世代のフィリピンの芸術活動の紹介。
      2000年以降、とくにマニラを拠点とするアーティストが、政治や災害、コロナ禍とどのように向き合っ
      てきたかについてご紹介し、意見や情報を交換します。
 ACK連携プログラム採択事業

出展作品
marianoching1.jpg marianoching1.jpg
L...Mariano Ching "Sleep Walking series:hush"india ink and acrylic on watercolor paper/2022/30.48x45.72cm
R...Hitoshi Kanamura "Thrash Entropy(Velocity to become mineral)"photo, ready-made skateboards/2022/each 20x80cm
marianoching1.jpg marianoching1.jpg
L...Yasmin Sison " Bits of Grace series C"paper scraps from children book and some kinds of magazine, original drawings by oil/aclyric?2022/66x50.5cm
R...MM Yu "untitled landscape (ed.1/10)" video, photos/2005-2022/5min.loop
marianoching1.jpg marianoching1.jpg L...Louie Cordero "dakar" acrylic on paper/2022/45.72x30.48cm
R...Ling Quisumbing " Time" used sandpaper, wood/2021/46x30.5cm


現代美術二等兵 活動30周年記念展覧会「駄美術は31歳」
2022年12月14日(水)〜25日(日)
*会期中の水〜日曜:13〜19時、最終日のみ13〜17時

*月・火曜休み

ギャラリーで作品を並べたら明日から俺らも作家先生や!という不純で屈折した動機で始めた制作活動も気付けば今年で30周年を迎えることになりました。年齢で例えるなら31歳になります。本人は初老に、活動歴も中年に差しかかりました。30年続けてきて「駄美術」には円熟や老練という言葉は全く無縁であるということ、一貫してアホ丸出しということに今更ながら気づいたのです。そんな記念となる今年、Twitter上で「駄美術チャレンジ」と称して毎月駄美術の新作を発表してきました。それらと更に新作を合わせて30点の作品がギャラリーに並びます。是非とも成長しない進化もしない駄美術たちをご高覧ください。

*展示予定作品より2022年制作の作品(一部)



過去の展覧会は、以下のページでご覧いただけます。


2022年
2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年※準備中